» 運転免許のブログ記事

高齢で免許を取る

| 運転免許 |

若い頃まだ車があまり普及していなかった頃の話です。
当時高校を卒業するときに運転免許をとる人は数えるくらいしかいませんでした。
ですから私もご他聞に漏れず、そのときは運転免許なんてまったく感心がありませんでした。
それが30歳を越える頃になってどうしても配達をしなければならないことから
免許が無ければならなくなったのです。
仕方が無いので駅の近くの教習所に免許を取りに行くことにしました。
誰か紹介者がいたほうが取得するのに有利だといわれ、
店に来るお客さんで教習所の教官をしている人がいたのでその人に頼むことにしました。
ところが実際に練習を始めるとその人は偉いせいか私の面倒など少しもみてくれないのです。
皆知らない怖いおじさんのような人が私についたのです。
ちょっと下手をすると直ぐにぶつぶつ言うような人で、
たぶんこの人は余り人気の無い教官なんだろうと考えたりしていました。
結局お決まりの時間乗らされてその後なんとか免許を取ることができたので結果的には不満はありませんが。
やっぱり免許とかそういった必要なものは積極的に若いうちにとっておかなければいけないのだと考えました。
自動車保険 どこがいい