» 2014 » 7月のブログ記事

埼玉県の観光地・長瀞

| 日記 |

埼玉県の数少ない観光地の一つ、長瀞に行った時のことを書きたいと思います。
長瀞の自然な風景写真を撮影しに行きました。
長瀞と言えば有名なのが「長瀞ライン下り」です。私も立ち寄ったからには体験してみたいと思い、チケットを買っていきました。
私は1人で行ったのですが、チケット売り場のお姉さんに「お1人ですか?」ということを2回、確かめるように聞かれました。(笑)確かに1人で来ている人は自分以外に見当たりませんでした・・・。
出発するギリギリのところで到着したので、私は横浜から来たという老人たちの団体に混ぜてもらいました。団体の人たちから物珍しそうに見られて少し恥ずかしかったです。しかし、いざ出発してしまうとかなりの迫力で、とても楽しかったです。その日は比較的、川の流れが穏やかな日だったようなのですが、それでも結構水しぶきが飛んできました。
乗船時間は20分らしいのですが、実際、乗ってみるとあっという間で、5分くらいに感じました。
水しぶきが飛んできたせいで、あまり写真を撮ることはできなかったのですが、とても楽しい時間を過ごすことができました。
自動車保険 最安

陸上競技の怪我

| 日記 |

最近、陸上・短距離界のスーパー高校生と言われている桐生選手が注目されています。オリンピックでは残念でしたが、まだまだこれからの選手なので、これからの活躍に期待しています。
私も高校時代、陸上競技の短距離をやっていました。残念ながら高校1年の時に怪我をして、それが治らず2年に上がる頃には辞めてしまいました。どんなスポーツでもそうですが、特に陸上競技の短距離のように、足に大きな負担のかかるスポーツは厳重に注意しなければなりません。
私は中学2年の時から陸上競技をやっていましたが、中学3年の時も怪我をしてしまい、一時期練習を断念していたことがあります。ひどい時はジョギングもできないくらいに痛くて、悔しさのあまり泣いたこともあります。このように私の陸上人生は怪我に泣かされて終わったようなものです。
桐生選手や、他の陸上選手も、私のようにならないように怪我には十分注意してもらいたいものです。怪我をする原因ですが、私の場合は、すごく速くなりたい気持ちが強かったので、本来休息を取らなければならない時にも無理して走り込んでしまったことだと思っています。
速くなるためにはもちろんハードな練習をこなすことが大事ですが、休息するときはしっかり体を休ませるようにして、メリハリをつけてやっていくことが一番大切なことです。エスティマ 買取

絵が書けるようになりたいな

| 日記 |

スケジュール帳は手書派なのですが、
友達がやっていたのが、
絵で可愛くスケジュールを書くというもの。

見やすいだけではなく、可愛らしくて
一目で惚れてしまいました。

私も同じように是非やってみたい、と
イラストの本を何冊か買ってみました。

本を見ていると、誰でも簡単に書けますって感じで書いてあって。
ところが、簡単に書けるっていう本を見ながらでも
なかなか思うように可愛く書くことが出来ません。
絵心がないのでしょうかね…

結局、自分なりに頑張りましたが
スケジュール帳は普通に書くことに落ち着きました。

人には向き不向きがあるのかもしれませんね。

でも、本にあるようなイラストが書けるようになったら
きっと楽しいだろうな、と思ってしまいます。

そんな話をしていたら、友達が絵手紙やってみたらって言ってきました。
下手くそでも、それが逆に味になるんだろうです。

でも、それも素質とかないと上手くいかないんだろうな、と
思いつつ暇もあるんで今度習いに行ってみようと思っています。
セレナ 買取

高齢で免許を取る

| 運転免許 |

若い頃まだ車があまり普及していなかった頃の話です。
当時高校を卒業するときに運転免許をとる人は数えるくらいしかいませんでした。
ですから私もご他聞に漏れず、そのときは運転免許なんてまったく感心がありませんでした。
それが30歳を越える頃になってどうしても配達をしなければならないことから
免許が無ければならなくなったのです。
仕方が無いので駅の近くの教習所に免許を取りに行くことにしました。
誰か紹介者がいたほうが取得するのに有利だといわれ、
店に来るお客さんで教習所の教官をしている人がいたのでその人に頼むことにしました。
ところが実際に練習を始めるとその人は偉いせいか私の面倒など少しもみてくれないのです。
皆知らない怖いおじさんのような人が私についたのです。
ちょっと下手をすると直ぐにぶつぶつ言うような人で、
たぶんこの人は余り人気の無い教官なんだろうと考えたりしていました。
結局お決まりの時間乗らされてその後なんとか免許を取ることができたので結果的には不満はありませんが。
やっぱり免許とかそういった必要なものは積極的に若いうちにとっておかなければいけないのだと考えました。
自動車保険 どこがいい