» 2017 » 12月のブログ記事

債務整理に踏み切るとき

| 日記 |

債務整理をするなら、幾らくらいの借金がある人が適切なのかという点は、一概には言えません。とはいえ、数十万円の借金といったケースでは、他の業者などで融資を受け、それまでの債務を払い終えることもできるかも知れません。
ただ、多重債務者の状態では、お金の工面には相当苦労すると思います。
何にせよ、早々に弁護士事務所を訪ねて、返済が続けていけ沿うなのか債務整理に踏み切るのか、アドバイスをもらうと良いのではないでしょうか。

私はお金を借りたせいで差し押さえの可能性がでてきたので財務整理をする事を決心しました。

債務整理すると借金が大幅に減りますし、差し押さえを免除される事になるからです。

家から沿う遠くない弁護士事務所で話を聞いて貰いました。

家族のような気持ちになって悩み事を聞いてくれました。お金の借入の整理をやってみたことは、職場に内緒にしておきたいものです。
勤め先に連絡されることはないので、見つかることはありません。

ただし、官報にけい載されてしまうケースもあるので、見ている人がいれば、知られる可能性もあります。債務を整理は個人の債務を整理するものですから、結婚の予定があっても特別な注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)は必要ないでしょう。債務整理したことで、配偶者もブラックになる可能性は一切ありませんから心配は無用です。

けれど、債務整理をしたことを婚約者に隠したまま結婚すると、後に大きな問題に発展しやすいですから、きちんと事実を相手に話し、結婚へ進みましょう。

保証人がついた借りたお金の場合は、保証人にまで債務を整理の影響が広がります。

どんな影響が及ぶかというのは債務整理の方法次第で、任意整理や特定調停の場合には書類の記入が必要なだけで保証人は請求を受けません。一方、個人再生や自己破産の時は、債権者から保証人への直接の請求が可能となることから、請求された全額の支払いをその後は保証人がかぶらざるを得なくなります。弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする際にかかる費用は、案件を引き受けるにあたっての着手金、次に最後の精算、印紙や交通費、切手代などの実費です。
もし任意整理という方法をとった場合、最後の精算は減額に準拠し、あらかじめ最後の精算を定めた個人再生とは区別して考える必要があります。一方、自己破産の際は、免責許可が下された時点で手つづきが成功したことになるので、最後の精算を払います。

金額設定は弁護士により異なります。

債務整理の中でも破産や個人再生は自動的に全ての債務を整理対象としますが、裁判所をとおさない任意整理の場合は借入先一社ごとに手つづきをします。債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、たいていは減額幅の大きい借入先から順に手つづきしていきます。
残債がそんなにないことがわかっている借入先まで交渉にふくめると、委任した弁護士事務所等へ払うべき費用が膨れ上がってしまうので、お勧めできません。

私はいろんな消費者金融から借り入れをしていたのですが、返済できなくなり、債務整理をせざるを得なくなりました。債務を整理にも様々なやり方があって、私が選んだのは自己破産というものなんです。一旦自己破産すると借金を清算することができるので、負担が減りました。
借金 返済 できない