» 2018 » 12月のブログ記事

債務整理することになり

| 日記 |

家の人たちに内緒でお金を借りていましたが、とうとう支払えなくなって、債務整理に助けをもとめることにしました。
かなり大きな額の借金があり、もう返済に首が回らなくなりました。
相談しに行ったのは某弁護士事務所でかなりお安く債務整理を実行してくれました。
借金が全部なくなるのが自己破産といった制度です。
お金の借入に苦しむ方には有難い助けですよね。
ですが、当然メリットだけではありないでしょう。
言うまでもなく、デメリットもあります。
家や車などの財産は全部放棄してしまわなければなりないでしょう。
そして、約10年ほどはブラックリストに載る為、新しい借金はできなくなります。
債務整理は収入がない専業主婦でも用いることが可能です。
当然、誰にも知られないように処分をうけることもできると思いますが、金額が大きい場合には家族に相談すべきです。
専業主婦でも返済が困難になれば、弁護士に相談してどうにかすることが可能です。
よくあることですが、任意整理の際は委任契約から手つづきが終わるまでの期間、手つづきをする司法書士や弁護士などの指定する口座に毎月お金を積みたてるというケースがあります。 その主目的は弁護士への支払いのためです。
つまり、該当する債権者に対する支払いが当面はなくなるため、その資金を毎月積みたてていき、和解が済んでからの最後の精算として弁護士事務所等に支払い、残った分は債務の返済に充当するわけです。
借りたお金を繰り返してしまって任意整理を行うことになった場合、また、新たに借金をしようとしたり、クレジットカードを造りたいと考えても、情報が信用機関に残るため、審査に通らず、数年間は沿ういったことをおこなえないことになっているのです。 借金癖がある人には、すごく厳しい生活となるでしょう。
借金の整理をしたい場合、弁護士と相談する必要がある事項がおびただしい数あります。
弁護士の選び方は、容易に相談できる弁護士を選ぶ必要があるでしょう。
相談会といったところで話をしやすい弁護士を捜すのもよいですし、周りの人から体験談を聞いて目安にするのもいいでしょう。
もし、任意整理や個人再生、或は自己破産などで債務整理をしたのなら、ある程度の時間が経過しなければ、借入するのもほぼ100%できなくなってしまうでしょう。 この状態は、債務整理の方法によって解除されるまでの時間が変わります。
けれども、定期的な収入があり、継続して今の勤務先に勤め続けているのなら、一部の消費者金融ではキャッシングも可能かも知れないでしょう。 なお、審査を通過しやすい債務整理の方法は、任意整理です。
次に個人再生、自己破産とつづきます。
どのような債務を整理であれ、一度でもすれば個人信用情報機関に何年かは記録が残るものです。
ですから新たなローンの申し込みは出来なくなるのは持ちろん、手元にあるカード類も利用停止になります。
当面は新たにカードを申込んでも、審査で落とされるはずです。
一方、既に契約している債務の場合、基本的に返済義務は残りますから、完済するまでは支払いがつづきます。
借金で悩み死にたい