結婚後の債務整理は

| 日記 |

名字が結婚や離婚で変わった時、これまでの債務を整理の記録は初期化されるなんて事は起こりません。
カードを申し込むとき旧姓記入欄もよく見られますし、氏名以外の情報も本人確認に用いられます。
それに、万一、審査をくぐり抜けても、後に借金の整理の記録が明るみに出た時点でカードが利用できなくなったりカードを返還するようもとめられたりする惧れもあるかも知れません。

堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたらいずれ職場に分かってしまうだろうと信じている人は少なくないのですが、実際にはそのようなことはありえません。 個人再生と任意整理の2つの方法でしたら、本人から話をもち出さない限り、同僚や上司などに知られることはないはずです。

しかし公務員ならではの共済組合などでも融資を受けている場合は、少しタイミングがずれますが、そこから知られる可能性は大です。

住宅ローン審査を通過したいなら債務整理後、それなりに期間が空き、信用情報機関で参照される事故情報、いわゆるブラックリストから債務整理を行った記録が消去済である事が最低限もとめられます。その期間は債務整理が行なわれた方法に応じて違いがあり、消去済かどうかというのは好きに見ることが出来るのです。

既に消えていたら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。借金に関して手続きの相談をしたいと思ったら、行先は弁護士や司法書士に引き受けてもらえる法律事務所になるだといえます。

弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことができるのですが、任意整理や過払い金請求をおこなうには、司法書士だと140万円以内に合計額が収まっていないと引き受けることができないという条件が課せられています。 合計140万円にはいかないということが確かな場合は依頼する相手はどちらでも良いだといえますが、超えるかも知れない時は手堅く弁護士に受けて貰いましょう。
借金を滞納していると差し押さえがきた