私は多様な消費者金融からお金を借りていたのですが、返済できなくなり、債務整理をせざるを得なくなったのです。債務整理のやり方も色々あり、私が利用したのは自己破産だったのです。
自己破産するとお金の借入が帳消しになり、負担から開放されました。これから自己破産をしようという時には、貯金、預金、積立などは残高に係らずすべて申請しなければいけません。

合計額が20万円を超えた分は原則として債権者へ分配(返済)されますが、預貯金はそのままでいられる任意整理などと比べると厳しい措置です。 名義を変えたり、口座から引き出せばわかるまいとは考えないほうが無難です。

素人の考えることなどたかがしれていますし、発覚すると免責不許可といった事態になる理由ですから、嘘はいけません。

支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利などは、実際にその借金の整理を請け負う司法書士や弁護士が債権者あてに「債務整理手つづきを行ないます」という内容の書類を発送すると、債権者にそれが届いた日を境に停止します。

しかし延滞からその時点までの遅延損害金がかなり膨らんでいるケースも少なくありません。任意整理をするのであれば、弁護士から債権者に働聞かけ、こうした遅延利息(遅延賠償)のカットももとめていきます。

親戚や友人が借金を抱えていて、その保証人を引きうけているなら、たとえ債権者が取たててきても債務者への取たてを促し支払拒否ができるはずです。

けれども、自己破産や個人再生で債務者が債務整理をして、一部か全部の返済を放棄した時は、支払いがまだの分について債権者は保証人に請求をはじめます。これには保証人は拒否権をもちませんが、債権者に掛け合って分割で支払いをする事は可能です。 借金が返せないので相談したい